FC2ブログ

タンブリングの運動記録会

2019.07.06.19:31




みなさん、こんにちは!
タンブリングのあや先生です(^∇^)ノ



今回のブログでは、6月17日~6月29日の期間で行った~???



『運動記録会!~頑張りましたタンブリングっ子~』



についてお伝えしていきたいと思います!




運動記録会では

・前屈柔軟
・握力
・垂直跳び
・走り幅跳び
・反復走

5種目を用意し、2週に分けて取り組みました。
この種目の中で 握力 と 垂直跳び を行うのは今年度が初めてになります。





【前屈柔軟】

2017年度、2018年度でも柔軟の測定をしていましたが、開脚柔軟での計測でしたので前屈柔軟も今年度からの取り組みとなっています。


IMG_7148.jpg



▲▲▲今年度はこの前屈計を使用して、柔軟の計測を行いました。▲▲▲


姿勢を意識しながら!!膝が曲がらないように気をつけながら!!!痛みにも堪えながら!!!!!頑張った子どもたちです。
計測では2・3回行いましたが、回数が増えるごとに記録が伸びていました。
先生たちが「あとちょっと!そこからもう少しいける!!」などの声掛けに苦しいところから粘って頑張っていましたよ。





【握力】


ギューっと力強く握る感覚の動作があると子どもたちにとって面白い感覚なのでは?と考え、今回タンブリング初の試みとして挑戦してみました。



IMG_7149.jpg



シンプルな握力計ですね。(笑)


学校の体力測定で使ったことがある子ない子が半々くらいいました。その中でも1年生、2年生が握力測定を経験していることはやはりほぼなかったです、、、。握力計に触れたことがない子にとって握力計の使い方が理解出来なかった様子もありました。

※この握力計は、5kg未満の数値になると計測不可になるようでした。そのため、計測が上手く出来なかった子も若干名いました。





【垂直跳び】


上に跳ぶ力の計測です!



P6270378_20190708111743c79.jpg


中指に小麦粉をちょっとつけて、ボード横に立ち、手を伸ばしたところでボードに小麦粉で印をつけます。
そしてそこから大ジャンプ!!!!!ジャンプした頂点のところでまた印をつけます。
印から印の間を計測してジャンプした距離を測りました。

ジャンプした頂点のところで印をつけるのが難しかったりする中、次はあのメモリの線まで!!と意気込みながら頑張る子どもたちでしたよ!



P6270381.jpg





【走り幅跳び】


2017年度、2018年度と行っている走り幅跳びは、タンブリングならではのやり方で取り組んでいます。


IMG_7145.jpg



タンブリングでは、ロイター板を使って走り幅跳びをしています。
そして、踏み切りは片足ではなく、両足ジャンプのグージャンプで前にジャンプしていきます。
ロイター板の白い丸の真ん中を0cmとして、メジャーで計測しました。


IMG_7146.jpg



踏み切り位置を意識しながら大きくジャーンープッ!!!!!



IMG_7016.jpg



P6260363.jpg



計3回挑戦しました。
その3回の挑戦の中で、踏み切りが上手く出来た子、力が入りすぎて踏み切りのタイミングが合わなかった子もいましたが、記録だけにこだわらずタンブリングならではの、『グージャンプで跳ぶ』ということを意識して行えていたのが凄く良かったです。全体的に跳び方、姿勢、着地が回数を追うごとに良くなっていました!





【反復走】


これもタンブリングならではの種目で、2017年度から行っています。
この種目、、、、、本当に辛いんです(汗)


IMG_7144.jpg


赤い線から赤い線を手でタッチして30秒間走り続けます。
ちなみに赤い線の間隔は4M程になります。
それを2回挑戦し、合計回数を足して記録としています。



P6010340_20190708111748fea.jpg



たった30秒が、長いんです、、、
足もだんだん動かなくなってきます。


始まる前に「終了!!!」という声がかかるまで、最後まで諦めないで頑張ってみて!と話しています。
子どもたちみんな最後の最後まで諦めないで走り続け、1回目の記録より2回目の記録を良くしようと奮闘していました。
また、去年の記録を超えようと頑張りましたよ。




【タンブリングの運動記録会の平均記録】



前屈柔軟   44人の平均   3.8cm


握力   右(R)43人の平均    11kg
      左(L)39人の平均   10.1kg


垂直跳び   40人の平均  23.5cm


走り幅跳び  42人の平均   181cm


反復走     44人の平均     30回





記録会というチャレンジを行ったのも、記録をとりたいから、分かりやすい物差しが欲しかったからではもちろんありません。
大事にしたいと思ったことは、取り組む姿勢です。苦手な運動、苦しい運動がある中で、頑張ることは凄いことです。
タンブリングの子どもたちは、誰一人として、「やりたくない」と口にした子はいませんでした。本当に凄いことです。
また、走り幅跳びや反復走の中では、応援の声を出す子もいました。
『頑張る人を応援する』そんな場面が出来たこともとても良かったです。

記録が伸びなくて悔しい思いをした子、苦手だった運動で記録が伸びて自信につながった子など結果は様々です。
その子にとって何かしらの刺激があって、意味のある記録会になって欲しいと願い、記録会の中でしかできないサポートもあるので、今後も続けていきたいと考えています。




少しでもこの運動記録会の様子が伝わればと思い、拙い文章となってしまいましたが、一筆書かせてもらいました。
最後まで読んでいただき本当にありがとうございます。




タンブリング : 石川 あや


プロフィール

タンブリング7888

Author:タンブリング7888
児童デイサービス タンブリングのブログへようこそ!

スタッフ・施設紹介
スタッフ
スタッフ
施設内
施設内
最新記事
カレンダー&アーカイブ
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

+ アーカイブ
 
Gallery
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR